アロマテラピー

アロマテラピーとは、植物から抽出したアロマオイル(精油)(エッセンシャルオイル)香りを嗅ぐことにより身体の健康や神経の鎮静、精神的なストレスの開放、美容効果など様々な効果が期待できるリラクゼーションです。
芳香治療とも呼ばれます。
人間本来の自然治癒力を高めてくれる効果があり、健康を促進してくれます。

アロマテラピーの効果

アロマテラピーは鼻、口から香りを吸い込むことにより、身体へ、脳へ、精神へと働きかけてくれ、様々な効果が期待できます。

  • リラックスさせてくれて、精神的なリフレッシュ
  • 健康を促進
  • 美容効果

アロマオイル(精油)の種類

アロマオイル精油の香りは基本的に7つに分類されています。
アロマオイルのブレンドは様々です。
気分や用途に合わせてブレンドして楽しめます。
香りの系統を同じものをブレンドすると相性がよいです。

柑橘系(シトラス系)

果物から抽出されるアロマオイル(精油)です。
スッキリした香りで気分を明るくしてくれ、リフレッシュさせてくれます。
グレープフルーツ、オレンジスイート、ベルガモット、レモン、レモングラスなど

ハーブ系

ハーブの花や葉から抽出される精油になります。
清潔感を感じたり、リフレッシュ効果、気持ちをシャキッとさせてくれます。
クラリセージ、スペアミント、ペパーミント、マージョラム、ローズマリーなど

フローラル系

植物の花から抽出される精油で、お花畑ににいるような甘く優しい香りがします。
女性に好まれ、広い用途に使用されます。
ゼラニウム、ラベンダー、ローズ、カモミール・ローマン、ジャスミンなど

樹木系(ウッディ系)

森林浴をしているように思わせるさわやかな香りです。
気持ちを落ち着かせてもらえたり、リラックス効果、ストレスの軽減に効果が期待できます。
木の皮や葉、枝などから抽出されます。
シダーウッド、ティートリー、ユーカリ、ジュニパーなど

スパイス系

料理に使用される香辛料のスパイスの香り。
刺激的、スッキリ、シャープな気分にさせてくれる精油です。
カルダモン、シナモン、ジンジャー、ブラックペッパーなど

エキゾチック系(オリエンタル系)

南国をイメージせるようなエキゾチックな香り。
官能的な雰囲気、ムードを高めたいなどに効果的な精油です。
イランイラン、サンダルウッド、パチュリなど

樹脂系

木の樹脂から抽出される精油になります。
重厚感のある香りで粘度が高い。
心を落ち着かせたい時に効果的です。
フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラなど

ブレンドファクター

アロマオイル精油の香り、刺激性を数値で表したものです。
数値が大きくなるほど弱く、数値が小さくなるほど強くなります。
なので、数値が小さい精油は少なく、数値が大きい精油を多めにするとバランスが良くなります。
ブレンドファクターは、目的や症状により数種類の精油をどのようなバランスでブレンドすると良いか目安を表したものになります。
香りの感じ方や、刺激性はそれぞれ個人差もありますのでブレンドファクターはあくまで目安になります。

出張マッサージスタッフの求人募集

大阪の出張マッサージ・メンズエステ【アイハ】は女性セラピストの求人を随時募集しております。
未経験者の方、経験者の方、大歓迎しております。
バイトや掛け持ち、短期バイト、パート、など、働いて頂ける方のご都合で働ける環境を整えておりますのでお気軽にお問合せお願い致します。

女性セラピストの求人募集ページ